貧血に良い栄養素

貧血に良い栄養素

貧血の予防を行うためには一体何が考えられるでしょうか。まず最初に思い浮かぶのは「鉄分の摂取」であるといえるのではないでしょうか。

 

ですが、栄養素というのは、互いに補いあっているため、複合的に作用や吸収をしているという特性があります。

 

なので、例えば貧血対策に必要な栄養素という意味で紹介すると、

 

  • 鉄欠乏を発生させないための鉄分
  • その鉄分の吸収を助けるためのビタミンC
  • 赤血球を合成させるための葉酸
  • そして、葉酸の働きを補うビタミン12

 

というふうに、必ずしも鉄分だけを摂取していても、貧血の予防にはならないという事を考えて、食生活を作るようにしましょう。鉄分というのは、テム鉄、そして非ヘム鉄というのがあるのですが、これは、吸収率に非常に差があります。

 

効率よく摂取するならマカサプリがおすすめです。しかし、マカの効果だけでなくマカの副作用のリスクも理解して飲むようにしましょう。

 

つまり、非ヘム鉄というのは、ヘム鉄の5分の1という低い吸収率があるということです。なので、多くヘム鉄を含んでいるレバーや肉類といった動物性タンパク質を食べるようにすることは効果的です。同様に、タンパク質は、赤血球の合成にも必須なので、しっかりと摂取するようにしましょう。

 

その他にも、穀物や野菜等に含まれている非ヘム鉄というのは、吸収率は悪いですが、ヘム鉄と一緒に食べるようにする等の工夫をするようにして、鉄分の吸収率を助けましょう。更なる鉄の吸収を促してくれる「ビタミンC」というのは、鉄が吸収されやすい状態にすることができます。

 

油揚げや豆腐などの大豆製品や、海苔やきなこ等の吸収率が低い非ヘム鉄をヘム鉄に変換して吸収することもできます。

 

緑黄色野菜などで摂取でき、赤血球を合成するために必要である栄養素ですが、こおの葉酸の働きを促すのは、ビタミンCなのです。

 

上記に紹介したとおり、貧血の予防のためには、ビタミンCが必要になってきますが、これえは体内で貯める事ができず、作る事もできないビタミンなあので、継続的にこまめに摂取する事が肝心です。

 

そして、ビタミン12については、葉酸と同様に、赤血球を合成させるために必要な栄養素ではあるのですが、しっかりとしった食習慣をしていれば、比較的摂取しやすい栄養素です。