貧血とは

貧血とは

貧血を大まかに定義しますと「一定量の血液中に含まれている、ヘモグロビンや赤血球、そしてヘマトクリット等が、基準値よりも、減少している状態」というふうになります。

 

ですが、ごく一般的な感覚からすれば、なんとなく顔色が悪かったり、立ちくらみがあったりすると、「貧血」というふうに認識するという事が多おいようですが、この状態というのは、脳貧血の可能性もあり、はっきりと診断するためには、ヘモグロビンや赤血球やヘマトクリットの量を、しっかりと調べてみないと分からないわけです。

 

大抵の場合、立ちくらみや顔色の悪さというのは、一過性の脳虚血の症状というケースが多く、ヘモグロビンや赤血球が不足していて、全身に酸素を十分に供給できなくなっている状態であるかどうかというのは、その症状だけでは判断することはできません。

 

私が思うに、貧血というのは、万一診断が下されても、日常生活にそれほど支障をきたさない事も多いので、その他の病にと比較すると、ついつい軽く見られがちなのではないでしょうか。

 

私たちは、貧血の正しい知識をあまり持ち合わせてはいません。なので、原因や症状を混同させていたりする事もあるようです。

 

以下に詳細を紹介しますが、例えば判定ラインは、ヘモグロビン濃度でいうと、男性では14g/dl、女性の場合は12g/dlになります。

 

そして、その他にもヘマクリット値等の検査もあり、詳しく調べた上でどのような病名になるのかという事を診断していくわけです。

 

そして、診断の結果一番よくあるのが「鉄欠乏性貧血」次に多いのが「再生不良性貧血」その他には「悪性貧血」や「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」など、そして「溶血性貧血」があります。

 

ですが、先ほども書きましたように、立ちくらみや顔色の悪さなどで、自己判断をしてしまうケースも多く、何も命に関わる事ではないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、思春期以降の貧血というのは、あまり軽く考えてもらっては困るという事も多いのです。つまり、命に関わってくるという場合もありますので、軽く考えずに予備知識や対策、そして検査等を積極的に取り込む事が大切です。