貧血対策ナビ

アイシスは初代のもので2004年式になります。初代のものであれば8年落ちの車両となるのですが、8年落ちのアイシスが年式のアイシスが50万円以上の値段で買取をされた、ということもあります。ただし、走行距離が多すぎる場合にはそれだけ買取価格は低くなってしまいます。

 

2005年、2006年式のアイシスを見ても、相場価格は他の車種に比べると高く、80万円前後となる事も少なくありません。また、10万kmを超える過走行車の場合でも、30万円前後の値段で買取をされることがあります。

 

5年落ちとなる2007年式であれば、80万円前後が買取相場となります。また、3年落ちである2009年式の車両の場合には、新車価格の半額から、4分の3程度の価格が相場となります。

 

アイシスはグレードが3つあります。プラタナ・G・Lの3つです。買取の場合にはこのグレードはそこまで関係ありません。新車価格は200万円前後と非常にリーズナブルな車種です。それでいて買取価格が100万円前後となるのですから、比較的買取価格は高めであるといえます。

 

アイシスの特徴

 

アイシスは車両価格が200万円前後というリーズナブルな価格でありながら、非常に使い勝手がよく、人気のある車種です。派手さこそありませんが、欠点がなく、非常にバランスのとれた万能な車です。

 

2004年に販売が開始されてから、一度もフルモデルチェンジはされていません。つまり、最初からそれだけ欠点がなかった、ということなんです。また、居住空間の広さには定評がありますし、低燃費なことも人気の理由の1つとなっています。

続きを読む≫ 2016/02/17 21:59:17

 

イライラを解消する成分が豊富に含まれているハーブティーですが、単独のハーブから成るものと、複数のハーブをブレンドしたものの2種類があります。

 

また、非常にお手軽なティーバッグ入りハーブティーもあります。ここでは、ハーブティーに使われている主なハーブについて、作用の種類ごとに紹介したいと思います。

 

イライラ解消にはこちらもおすすめ!
イライラに効くサプリ特集 | イライラの原因と解消法を解説

 

・鎮静作用によりイライラを抑えるハーブ
(例)オレンジピール、カモミール、カルダモン、クローブ、ペパーミント 等
・胃腸や肝臓の調子を整えながらイライラを和らげるハーブ
(例)クリスタルモルツ、シナモン、ジンジャー、フェンネル 等
・神経の反応を穏やかしながらイライラを和らげるハーブ
(例)フランキンセンス、ラベンダー、リンデンフラワー 等
・リラクゼーション効果を持つ香りのハーブ
(例)ジャスミン、ミント、レモンバーム、ローズ 等
・ホルモンのバランスを整えながらイライラを解消するハーブ
(例)アンゼリカ、チェストツリー、バイテックス、ローズヒップ 等

 

ハーブティーの専門店では、これらのハーブのなかからお好きなハーブをブレンドして、自分好みの香りのハーブティーを注文することもできます。

 

ハーブと言えば西欧のものというイメージがありますが、最近では中国のメイクイファーや南アフリカのルイボス等から輸入されたハーブも大変話題となっています。

 

ここで、ハーブティーを購入する際に注意していただきたい点があります。ハーブのなかには眠気を誘う成分を含んだものもあります。よって、注意書きのすみずみまで目を通すようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/02/17 21:58:17

グリーンベリースムージーダイエットは一般的なグリーンスムージーの豊富な栄養素をそのままに、さらにベリー特有の栄養成分をプラスしています。

 

ベリー類は実は非常にスムージーと相性の良い素材で、その理由は、ベリー類は皮やその付近に強力な抗酸化物質であるポリフェノールを含むためです。

 

抗酸化物質はよくアンチエイジング効果によって美容改善に良いと宣伝されますが、それだけではなく活性酸素の害である「酸化」によって発生する様々な病気の予防になるのです。

 

皮ごとミキサーにかけて丸ごと栄養を取り入れられるスムージーはベリーの優れた健康効果を全て取り入れられる優れた手段というわけです。

 

ただのグリーンスムージーよりさらに優れた健康効果を持つグリーンベリースムージーダイエットですが、価格の方はリーズナブルで、一回分が約198円となります。

 

家でスムージーを作ろうとすると安い野菜を選んでもこの程度の値段では済まず、さらに高品質のベリーなどを加えようと思えばさらに高くなります。

 

それを考えるとグリーンベリースムージーダイエットは非常に安く、高い健康効果を得られるコストパフォーマンスの高い健康ドリンクと言うことができますね。

 

グリーンベリースムージーダイエットは水と一緒にシェイクするだけで作れ、後片付けもシェイカーを洗うだけなので非常に手軽です。

 

飲み方も様々なバリエーションがあり、手軽でおいしく毎日続けるグリーンスムージーとして非常に優れた商品と言えます。

続きを読む≫ 2016/02/17 21:58:17

大麦若葉青汁の効果は?

 

大麦若葉は、クセがなく飲みやすいと人気があります。有効成分もたくさん入っていますが、中でも、活性酸素を無害化するSOD酵素が含まれているのです。

 

SOD酵素は、スーパー・オキシド・ジスムターゼといいます。人間は、食べることで栄養補給していますが、その分毒素や有害なものも摂取しているのです。

 

体内で自然発生する活性酸素も、有害物質の1つです。これらは、ガンなどの病気の原因になるだけではなく、体全体の老化や、しみ、シワ、くすみ、たるみなどの美容面にも悪影響を与えます。

 

これらを引き起こす活性酸素の有毒な部分を消すのが、SOD酵素です。SOD酵素が体内にあればあるほど、老化が緩やかになり健康的な体を維持することができます。

 

長寿の方には、このSOD酵素が多いという研究結果もあります。この他にも、有効成分がたくさん含まれています。

 

葉緑素(クロロフィル)

 

大変強い抗酸化作用があり、コレステロール値の抑制、貧血予防、腸内浄化などの効果を持っています。特に、体内の浄化作用に強く働くため、血行の改善や臓器の活性化などで、肌の色ツヤが良くなるなど美容面でも効果があります。

 

また、血行促進により高血圧にも効果的です。こちらの【高血圧に効くサプリ】効果が期待大はコレだのサイトもご覧ください。

 

GIV(グルコシルイソビテキシン)

 

これも、強い抗酸化作用があり、過酸化脂質の抑制に働き、生活習慣病やがんの予防につながります。

 

ビタミン類

 

大麦若葉は、12種類のビタミンを含んでいます。牛乳の約30倍のビタミンb1、ほうれん草の約33倍のビタミンC、など違いは明らかです。

 

現在確認されているビタミンは、13種類ありますが、そのうちの12種類が大麦若葉に含まれているのです。まさに、マルチビタミン食材といってもいいでしょう。

 

カロチンも、たくさん含まれています。カロチンとビタミンは、新陳代謝を活発にする働きがあります。新陳代謝が活発になると、脂肪の燃焼作用も上がってダイエット効果が期待できるでしょう。また、しみ、しわ、吹き出物などの肌トラブルも予防するので、美容にも立つ成分です。

続きを読む≫ 2014/03/07 21:15:07

貧血の予防を行うためには一体何が考えられるでしょうか。まず最初に思い浮かぶのは「鉄分の摂取」であるといえるのではないでしょうか。

 

ですが、栄養素というのは、互いに補いあっているため、複合的に作用や吸収をしているという特性があります。

 

なので、例えば貧血対策に必要な栄養素という意味で紹介すると、

 

  • 鉄欠乏を発生させないための鉄分
  • その鉄分の吸収を助けるためのビタミンC
  • 赤血球を合成させるための葉酸
  • そして、葉酸の働きを補うビタミン12

 

というふうに、必ずしも鉄分だけを摂取していても、貧血の予防にはならないという事を考えて、食生活を作るようにしましょう。鉄分というのは、テム鉄、そして非ヘム鉄というのがあるのですが、これは、吸収率に非常に差があります。

 

効率よく摂取するならマカサプリがおすすめです。しかし、マカの効果だけでなくマカの副作用のリスクも理解して飲むようにしましょう。

 

つまり、非ヘム鉄というのは、ヘム鉄の5分の1という低い吸収率があるということです。なので、多くヘム鉄を含んでいるレバーや肉類といった動物性タンパク質を食べるようにすることは効果的です。同様に、タンパク質は、赤血球の合成にも必須なので、しっかりと摂取するようにしましょう。

 

その他にも、穀物や野菜等に含まれている非ヘム鉄というのは、吸収率は悪いですが、ヘム鉄と一緒に食べるようにする等の工夫をするようにして、鉄分の吸収率を助けましょう。更なる鉄の吸収を促してくれる「ビタミンC」というのは、鉄が吸収されやすい状態にすることができます。

 

油揚げや豆腐などの大豆製品や、海苔やきなこ等の吸収率が低い非ヘム鉄をヘム鉄に変換して吸収することもできます。

 

緑黄色野菜などで摂取でき、赤血球を合成するために必要である栄養素ですが、こおの葉酸の働きを促すのは、ビタミンCなのです。

 

上記に紹介したとおり、貧血の予防のためには、ビタミンCが必要になってきますが、これえは体内で貯める事ができず、作る事もできないビタミンなあので、継続的にこまめに摂取する事が肝心です。

 

そして、ビタミン12については、葉酸と同様に、赤血球を合成させるために必要な栄養素ではあるのですが、しっかりとしった食習慣をしていれば、比較的摂取しやすい栄養素です。

続きを読む≫ 2014/01/11 01:58:11

人気の哺乳瓶を3つほど紹介していきますね!

 

 

やっぱり一番人気は病院でも使用されているピジョンの母乳実感シリーズですね!

 

乳首の部分のリアルさが好評です。

 

 

次に、個人的に好きなブランドとしてベッタの哺乳瓶。

 

見た目や形が可愛くて好きですね!

 

ただ、新生児には向かないかも!←大きすぎてw

 

 

カラフルさが飽きが来ずに使えますね。

 

哺乳瓶の売れ筋ランキングの続きはこちら!

 

続きを読む≫ 2013/12/14 10:04:14

基本的には、必要な栄養素というのは、日々の食事からとっていくべきです。なので、貧血対策にしても、生活習慣の見直しや食生活の見直しというのは、大切になってきます。

 

ですが、例えば生活習慣などは、どうしても変えられなかったり、無理に変えるとデメリットが多くなるというケースもあるでしょう。

 

話は変わりますが、現代人というのは食品自体に含有されるはずのビタミンやミネラル分が不足しがちであるという現状を踏まえると、サプリメントで追加で補給するという選択肢もあります。

 

貧血予防の為のサプリメントとして、栄養補給として必要なのは「ビタミンC」「鉄分」「ビタミン12」「葉酸」などがありますが、栄養素というのは、複合的に作用するものですので、サプリメントを選ぶ時は、内容をよく確認するようにしましょう。

 

例えば、貧血予防に鉄分が必要だからと、ヘム鉄ばかりをとるということではなく、その吸収を助けるために、一緒にとったほうが良い栄養素は何だろうという視点を持つ事が大切です。その視点は、貧血予防のための食事を考えるだけでなく、サプリメントを選ぶ時にも役立つ知識なのです。こちらの貧血予防サプリのサイトが非常に参考になります。

 

例えば、ビタミンCやタンパク質、クエン酸やビタミン6、そして銅などが鉄分の吸収率を高めてくれますし、吸収率の他にも、造血機能を高めるために「葉酸」や「ビタミン12」等が必要となってくることも、知識として持っておくと良いでしょうね。

 

また、サプリメントを選ぶ時は、価格の違いに気づく事があります。これは、基本的には天然なのか、合成なのかという違いによる場合が多いのですが、人間の身体というのは、それぞれの栄養素の含有率が自然であるほうが吸収されやすくできています。

 

つまり、結局は自然の食品を食べた方が、栄養素の吸収には良いという事実に戻るのですが、サプリメントの選び方としては「できれば天然品の方が良い」という結論になるでしょうね。

続きを読む≫ 2013/11/22 20:44:22

貧血を大まかに定義しますと「一定量の血液中に含まれている、ヘモグロビンや赤血球、そしてヘマトクリット等が、基準値よりも、減少している状態」というふうになります。

 

ですが、ごく一般的な感覚からすれば、なんとなく顔色が悪かったり、立ちくらみがあったりすると、「貧血」というふうに認識するという事が多おいようですが、この状態というのは、脳貧血の可能性もあり、はっきりと診断するためには、ヘモグロビンや赤血球やヘマトクリットの量を、しっかりと調べてみないと分からないわけです。

 

大抵の場合、立ちくらみや顔色の悪さというのは、一過性の脳虚血の症状というケースが多く、ヘモグロビンや赤血球が不足していて、全身に酸素を十分に供給できなくなっている状態であるかどうかというのは、その症状だけでは判断することはできません。

 

私が思うに、貧血というのは、万一診断が下されても、日常生活にそれほど支障をきたさない事も多いので、その他の病にと比較すると、ついつい軽く見られがちなのではないでしょうか。

 

私たちは、貧血の正しい知識をあまり持ち合わせてはいません。なので、原因や症状を混同させていたりする事もあるようです。

 

以下に詳細を紹介しますが、例えば判定ラインは、ヘモグロビン濃度でいうと、男性では14g/dl、女性の場合は12g/dlになります。

 

そして、その他にもヘマクリット値等の検査もあり、詳しく調べた上でどのような病名になるのかという事を診断していくわけです。

 

そして、診断の結果一番よくあるのが「鉄欠乏性貧血」次に多いのが「再生不良性貧血」その他には「悪性貧血」や「赤芽球癆(せきがきゅうろう)」など、そして「溶血性貧血」があります。

 

ですが、先ほども書きましたように、立ちくらみや顔色の悪さなどで、自己判断をしてしまうケースも多く、何も命に関わる事ではないと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、思春期以降の貧血というのは、あまり軽く考えてもらっては困るという事も多いのです。つまり、命に関わってくるという場合もありますので、軽く考えずに予備知識や対策、そして検査等を積極的に取り込む事が大切です。

続きを読む≫ 2013/11/08 20:07:08